浮世絵を販売している東京・銀座の【銀座 真生堂】は明治期七宝・浮世絵の専門~浮世絵の始まり~

浮世絵を販売している東京・銀座の【銀座 真生堂】は明治期七宝・浮世絵の専門~浮世絵の始まり~

浮世絵を販売している【銀座 真生堂】の店舗はアクセスしやすい東京・銀座

浮世絵を販売している【銀座 真生堂】の店舗はアクセスしやすい東京・銀座

浮世絵販売している【銀座 真生堂】は、非常にアクセスしやすい東京・銀座の大通り沿いにあります。江戸時代から一般庶民の身近な絵画として親しまれていた浮世絵を販売する専門店です。

北斎や歌麿を始め、人気の高い広重・国芳、芳年など様々な有名浮世絵師の作品を取り扱っております。良質な作品をご用意しておりますので、是非一度足をお運び下さい。

浮世絵の販売【銀座 真生堂】は明治期七宝・浮世絵の専門

浮世絵の販売を行う【銀座 真生堂】は、明治期七宝・浮世絵を専門に取り扱うお店です。江戸時代から、一般庶民の生活に親しまれていた浮世絵は、“娯楽”と情報伝達における“メディア”という役割を併せ持っていました。浮世絵は、日本国内のみならず欧米を始めとした海外でも高い評価を得ています。

【銀座 真生堂】では、ご用意している種類が豊富な為、通常であれば入手が難しい浮世絵も見つかります。商品の詳細につきましては、お気軽にお問い合わせ下さい。

浮世絵の始まり

浮世絵の始まり

絵画は過去や未来、空想を描くことが出来る娯楽ですが、浮世絵の主題は現世です。当時は「浮世」ではなく「憂世」と呼ばれていて、“辛く儚い、移ろいやすい世の中”という意味でした。

しかし、徳川幕府によって江戸に平和と安定が訪れると、庶民の心は次第に「憂世」から「浮世」へと変化していきます。その心情の変化は浮世絵師の創作活動にも影響を及ぼし、この時代の江戸庶民の明るい気性と、当時の社会風俗を絵画に表した浮世絵が生まれました。

浮世絵師は人々を喜ばせる為に時代の最先を進み、庶民の娯楽である遊びや芝居を取り入れました。人気歌舞伎役者や美人が描かれた作品が多いのはこの為です。また、江戸から地方へ帰る際のお土産として浮世絵を持ち帰る人々も多く、江戸から日本全国へと浮世絵が広まりました。

お役立ちコラム

浮世絵の販売を東京でお探しなら【銀座 真生堂】へ

会社名 真生堂
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目1番先 銀座ファイブ 2F
担当直通

070-3855-5010

※全ての営業電話はお断りします

URL https://ginza-shinseido.com


PAGE TOP