七宝焼

「有線七宝」と「無線七宝」の違いをわかりやすく説明

info@x-knock.com

代表的な「有線七宝」と「無線七宝」

明治期から日本の伝統工芸を支え続けている七宝焼には様々な技法があります。七宝焼の作者は、数ある技法の中からイメージを投影する上で相応しい技法を用いて作品を創り上げていました。中でも、七宝焼の代表とも言える技法が「有線七宝」です。素地にもととなるデザイン(下絵)を描き、そのデザインに沿って金・銀・銅などの金属線で輪郭を作っていきます。

金属線で囲んだ部分に釉薬をさして、何度も焼成を繰り返して研磨することで、緻密なデザインが強調された色鮮やかな色彩が完成するのです。そして、有線七宝の特徴である金属線を使用しない技法が「無線七宝」です。有線七宝と同じようにデザインを描いて釉薬を指しますが、焼成前に金属線を取り除きます。ぼかしを表現する方法として明治期の名工・濤川惣助によって考案されました。最初から金属線を使用しないこともあります。

執筆者
銀座真生堂
銀座真生堂
メディア編集部
七宝焼・浮世絵をメインに古美術品から現代アートまで取り扱っております。 どんな作品でも取り扱うのではなく私の目で厳選した美しく、質の高い美術品のみを展示販売しております。 このメディアで、美術品の深みや知識を発信していきます。
記事URLをコピーしました