洗練された美しさで世界を魅了!濤川惣助の代表的な七宝作品

洗練された美しさで世界を魅了!濤川惣助の代表的な七宝作品

独自の新たな美を追い求め、無線七宝という新技法を生み出した濤川惣助。迎賓館赤坂離宮の「花鳥の間」と「小宴の間」に飾られた七宝額は最高傑作の呼び名も高く、国宝に指定されています。

その他にも、濤川惣助が生み出した素晴らしい作品は多々あります。

濤川惣助の代表作

番号 作品名 制作年代 所蔵
1 小禽図長方形七宝皿 明治時代 東京藝術大学大学美術館
2 七宝富嶽図額 明治26年 東京国立博物館
3 月に秋草図団扇形七宝皿 明治時代 東京藝術大学大学美術館
4 月に薊文盆 明治時代 昇仙峡ロープウェイ七宝美術館
5 菊花図花瓶 明治33年頃 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館
6 藤図花瓶 明治時代 清水三年坂美術館
7 芙蓉に鴨図花瓶 明治時代 清水三年坂美術館
8 七宝四季花卉図瓶 明治時代 静嘉堂文庫美術館
9 月に梅図盆 明治時代 東京藝術大学大学美術館
10 御紋付七宝鶏に秋草図花瓶 明治時代 宮内庁三の丸尚蔵館
11 七宝桃色暈花瓶 明治22年 宮内庁三の丸尚蔵館
12 七宝寰宇無双図額 明治27年 宮内庁三の丸尚蔵館
13 菖蒲図皿 明治時代 清水三年坂美術館
14 富嶽図シガレットケース 明治時代 清水三年坂美術館
15 月下牡丹に鳥兜図香合 明治時代 清水三年坂美術館
16 舟鷺図皿 明治時代 個人蔵
17 芦鴨図盆 明治時代 清水三年坂美術館

明治の七宝界をリードした濤川惣助

明治の七宝界をリードした濤川惣助

同時代、濤川惣助は京都で活躍した並河靖之とともに、「二人のナミカワ」と評されます。七宝作家で帝室技芸員に任命されたのも、この二人だけでした。

海外でも作品が高く評価されたことから、国内に残っている濤川惣助の作品は少ないです。そのため国内で目にする機会があれば、是非足を運んでみて下さい。

七宝の良質な花瓶や皿などをお探しの際は、銀座 真生堂までご連絡下さい。明治期に活躍した濤川惣助や並河靖之、林小伝治といった名工の作品を、海外から仕入れて皆様にお届けしております。商品の詳細や価格、購入方法などに関するご質問にも丁寧に対応致します。

お役立ちコラム

濤川惣助の作品をお求めなら銀座 真生堂へ

店舗名 銀座 真生堂
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目1番先 銀座ファイブ 2F
TEL(担当直通) 070-3855-5010
※全ての営業電話はお断りします
mail ginza.shinseido@gmail.com
古物許可証 徳島第801010001827号
代表者 茎田 武
URL https://ginza-shinseido.com

PAGE TOP